Toggle

中長期渡航滞在支援制度について

当財団の中長期渡航滞在支援制度は、世界各地で社会・文化貢献活動に携わる方々を対象としており、社会貢献者が長期間にわたって安定的に活動することを目的としております。

申請基準は以下のとおりです。

・心身ともに社会貢献活動を続けていける程度に健康であること。
・中長期にわたって活動国に滞在し活動する予定があり、明確な計画表を提出できること。
・活動レポートを提出できること。(当サイトにて掲載する可能性あり)

申請を希望される方は「お名前」「連絡先」「活動国」を明記の上、当財団事務局あて メール にてご連絡ください。事務局から詳細をご連絡いたします。なお、本支援制度に関する審査基準等に関するお問合わせにはお答え致しかねますので、予めご了承ください。

※当財団関係者はお申込みいただけません。

Return Top